iPhoneの歴史について
iPhoneの歴史について

初期のiPhone

iPhoneの歴史として、まずは初期のiPhoneについて紹介しましょう。

初代のiPhoneが登場したのは2007年のことです。こちらは日本では発売されませんでした。電話を改革することを目指して誕生しました。3.5インチのディスプレイでカメラが搭載されており、タッチパネルで操作できます。こちらは610万台も売れたと言われており、業界を震撼させました。

次に第二世代としてiPhone3Gが登場しました。こちらは日本でも発売されました。ハードウェア的には初代とそれほど大きな違いはなかったのですが、アプリのダウンロードが可能になったのが特徴です。これによって、アプリでどんどん機能を拡張させていくという使い方が定着しました。そして、第三世代としてiPhone3GSというものが登場しました。こちらは音声によってコントロールをすることが可能となりました。また、コピペが可能になったり、ビデオ撮影もできるようになりました。このiPhone3GSから、実用的に利用できるスマートフォンとして評価されるようになったのです。

このように初期のiPhoneは、モデルチェンジの過程でどんどん新しい機能を追加しています。初代については今では使い物にならないでしょうが、iPhone3GSに関しては今でも使っているという方がいます。それぐらい完成度が高いのです。


●● 関連外部サイトはこちら ●●
前のiPhoneを長く使い続けるための方法としては、故障したiPhoneを修理に出すことでしょう。こちらの修理店では、iPhone5シリーズから最新機種まで修理を扱っています > アイクラックト