iPhoneの歴史について
iPhoneの歴史について

中期のiPhone

iPhoneの第四世代であるiPhone4Sは2011年に登場しました。こちらには800万画素のカメラが搭載されました。また、音声アシスタントであるSiriにも対応するようになりました。これによって、一段と使いやすくなったのです。ただし、こちらのモデルが発表された翌日に企業を牽引してきた創業者が亡くなりました。これでiPhoneは終わりだと考える方もいたのですが、現在まで続いています。後継者も優秀だったのです。

次に登場したのはiPhone5であり、こちらは縦長で4インチのディスプレイを採用しました。それまで3.5インチにこだわっていたのが、創業者が亡くなり新しい方向性を模索することになって、4インチとなったのです。こちらからはLTEに対応するようになりました。これによって高速通信ができるようになったのです。

次にiPhone5sが登場したのですが、こちらでは指紋認証が搭載されました。ここから他社のスマートフォンにも指紋認証が採用されるようになりました。次にiPhone5cが発売されました。こちらはカラフルなデザインで、プラスチックできている気軽さが売りとなったのですが、販売は不調となりました。

このようにiPhoneは中期においてもさまざまな方向性を模索して、進化を遂げてきたのです。今までにないものをつくりだそうとメーカーが努力してきたのです。